パイロットを目指す日本人のための航空メディア

Pilot's;Gate(パイロッツゲート)

航空の知識

日本でエアラインパイロットになるには本当に2000万円も必要なのか。私たちはただ何も知らないだけじゃない?




 

ここのところ、日本のフライトスクールに関して思うことが。

国内の某フライトスクールに凸してからずっとモヤモヤが消えない。 私「今は働きながら自家用の訓練をしてPとしてのキャリアを探っています」 担「…(ガッカリ顔)仕事辞めてプロ目指すくらいの覚悟がなければとてもラインPにはなれないよ(2000万集めようか)」 本当にそうなのか??

ライン応募要件のJCAB自家用・事業用・多発・計器すべて取得するのに本当に2000万もかかるのか? 例えば、FAAの事業用を取得しているのに日本での事業用訓練になぜさらに350万以上もかかるんだ?しかも入校要件はすでに実地試験を受験できる飛行経歴満たしてる。(計器、多発も然り)

航空法施行規則別表第二(技能証明等の要件)を改めて見直してみたんだが、JCAB事業用のために国内訓練や座学を受けなければいけないなんて一言も書いていない。FAA、TCCAとの要件の差を追加フライトで埋めたとしてもJCAB事業用のために350万円以上もかかるとは到底思えない。

飛行経歴さえ満たしていれば自分で航空機、教官(又は実地試験に立合可能な資格保有者)、試験当日の準備のための数名の協力者、そしてJCAB試験官さえ集められれば実地試験は受けられるはず。 俺たちは何も知らないからただただ言われるがままにお金を払って訓練を受けるしかないんじゃないか。

 

わたしは、何か得体のしれない力が働いている気がしてならないのです(;´・ω・)。今後、わたし自信の体験で明らかにしていきたいと思います。







  • この記事を書いた人

きゃぶ

元自動車メーカー社員のゆとり世代。大学では航空部に所属し、航空大学校未受験、パイロット自社養成敗退。諸々の後悔から在学中に滑空機の操縦教育証明を取得するも、就職地が関西でほとんど飛べずに絶望。飛び足りないので2019年9月に5年勤めた会社を退職し、固定翼のライセンス取得のためカナダ・バンクーバーへ。

-航空の知識
-

Copyright© Pilot's;Gate(パイロッツゲート) , 2020 All Rights Reserved.