クレジットカードの複数使い分けは損!最大のデメリットはポイントが細切れになることです。

      2016/11/04

 

わたしは大学生のころからクレジットカードを持っています。クレジットカードで支払うとポイントがついたり傷害・死亡保険がついたりするので現金よりも断然お得なんですね。

毎月の支払上限金額に達しさなければいくらでも買い物ができてしまうのですが、そこは先日紹介したマネーフォワードを使えば月々の支払いがほぼリアルタイムに確認できます。複数持っても管理は比較的容易になりますね。

しかし、日常生活で使うクレジットカードは1枚に集約するべき理由がありました。

複数カードの保有はポイントが細切れになる

複数枚のクレジットカードを使用していると貯めたポイントが細切れになって使い勝手が悪くなります。

どのようなポイントであれ使用できる最低のポイント数が決まっていますね。「500ポイントから商品と交換」「1000ポイントからSuicaにチャージできます」などです。

例えば、クレジットカードで払う月々の出費を6万円として、そのうちクレジットカードAで4万円、Bで1.8万円、Cで0.2万円支払うとします。クレジットカードABCの還元率がすべて1%だとすると、1年間でたまるポイントはそれぞれ4800ポイント、2160ポイント、240ポイントです。

1か月で使用する金額 1年間で貯まるポイント数
クレジットカードA 4.0万円 4800ポイント
クレジットカードB 1.8万円 2160ポイント
クレジットカードC 0.2万円 240ポイント

ポイントの最低利用単位が500ポイントからの場合、1年間で240ポイントしかたまらないクレジットカードCのポイントは使用できないことになりますね。2年間使っても480ポイントしか貯まらないのでまだ使うことができません。

そのうちこのポイントの存在を忘れてしまい、有効期限を切らしてしまうのです。

スポンサーリンク

まず貯めたいポイントを1つに決めるべき

上のような例ではクレジットカードBのポイントはある程度使うことができますが、せいぜい2000ポイント分です。

このポイントで商品交換ができるとしたら、2000ポイント分のちょっとした商品からしか選択できないのです。だからと言ってポイントを貯めようにも、有効期限があります。それほど欲しくもないちょっとした粗品を無理やりにでも選ばないと損をしてしまうのです。

せっかく1年間も貯めたのにこれはもったいないですね。もし月々6万円をすべてクレジットカードAで支払っていたとしたら1年間で7200ポイントの品と交換できます。これならば欲しい物も見つかるでしょう。

貯めるポイントは1つに決めた方が断然無駄がないということになります。

自分の生活環境に合わせてカードを選択する

無駄をなくすためには、まずポイントを1つに決める必要があります。

わたしの場合はJALのマイレージただ1つを貯めることにしています。大阪から東京へ帰省するためのJALマイレージが貯められるからです。ですから普段使いにはJALカード(Club Est)を使用しているのです。

このカードはwaonで支払うとJALマイレージを貯めることができる仕組みになっています。いま住んでいる家の近くにはイオンやファミリーマートがあるのでwaonでの支払いが便利なのです。

JALカードキャンペーン中!

状況によってはサブカードで支払うこともある

またモバイルSuicaチャージ用にビックカメラSuicaカード海外旅行用には三井住友VISAカードを保有しています。この2枚はサブカードですね。

本当はビックカメラSuicaカードも廃止してJALカードでモバイルSuicaのチャージをしたいのですが、そうすると年間1030円のモバイルSuica年会費がかかってしまいます。

せっかくJALカードでポイントを貯めても年会費で相殺されてしまうので未だに踏み切れないでいるのです。

三井住友カードVISAカードは普段使用していませんが、海外旅行では一番使えるカードなので念のために保有しています。実際にカナダへ旅行に行ったときは重宝しました。

自動車に良く乗るならガソリン系カード?

自動車に良く乗るという人はエネオスなどのガソリン系カードをメインにするとお得になると思います。カードを持つだけで3~5円/Lの割引がありますし、カー用品の割引等の恩恵も受けられるのではないでしょうか。

このように、自分の生活環境を考えて一番ポイントが貯めやすく恩恵があるカードを選びます

スポンサーリンク

まとめ

複数枚のクレジットカードを使用していると貯めたポイントが細切れになって使い勝手が悪くなります。

無駄をなくすためには自分の生活環境を考えて、まず貯めたいポイントを1つに決めます。それからクレジットカードを選択することで無駄なく恩恵を受けることができます。



読んでいただきありがとうございます。
この記事はお役に立ちましたか?シェアしていただけるとうれしいです。

社会人4年目のゆとり。陸単自家用ライセンス取得のためカナダに分割渡航で操縦練習中。訓練機にあえてC152を選ぶ変態。グライダーの自家用と教育証明を取得済み。


フォローしていただけるとうれしいです。また、記事に関するコメントはTwitterにてお願いします。

follow us in feedly


Facebookページも始めました。フォロー(いいね!)していただければ、役立つ情報をタイムラインへお届けします。