全自動で家計簿をつけてくれるマネーフォワードが便利すぎる!評判と感想まとめ。

      2016/11/04

 

わたしが大学のころから使っている全自動家計簿アプリを紹介します。その名のとおり、すべて自動で家計簿をつけてくれます。本当に放っておくだけで家計簿がつけられるのです

しかも、収支のグラフまで自動で作成してくれるという文句なしのアプリです。

銀行口座・電子マネーの残高をいつでも把握できる

このアプリのすごいところはすべての銀行口座残高がひと目でわかるだけではありません。クレジットカードの支払情報や電子マネー残高、Tポイントやマイレージなどのポイント残高をすべて自動で取得してくれるということです。

銀行残高

電子マネー残高

ポイント残高

ほぼ最新の残高がいつでも確認できるので便利ですね。

持っているポイントを忘れて期限を切らすことも防げるようになります。

スポンサーリンク

株式・複数の銀行口座をまとめた最新の総資産が確認できる

あなたはいま現在の総資産を把握していますか?

銀行口座を複数持っていたり株式を保有している人は計算しないとすぐには分からないと思います。ですがマネーフォワードを使うとひと目で現在の総資産を知ることができるのです。

総資産

総資産の内訳までグラフ化されていてわかりやすいですね。私は株をお休みしているので預金・現金がほとんどです。

またこの総資産には直近の入出金が反映されています。上の画像を見ると、この記事が投稿された前日(8月10日)までの収支を含めて総資産が計算されていますね。

2か月後のクレジットカード口座引き落としを気にする必要がなくなる

先日、わたしはお盆休みの帰省のために高速バスとスカイマークのチケットをクレジットカードで購入しました。

すると、その購入情報がクレジットカードで支払った当日の支出として自動で計上されるのです。

下の画像をご覧ください。スクリーンショット 2016-08-11 11.39.49

確かにJALカード(クレジットカード)払いをしているのに、購入したその日の支出として記録されていますよね。

マネーフォワードを使えば、2か月後のクレジットカード払いの口座引き落としを気にしなくて良いのです。引き落としの銀行口座に引き落とし不能にならない程度の金額をプールしておけば、毎月のカード支出のみを気にすればよいことになります。

マネーフォワードを使用する一番のメリットはここにあるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

毎月の収支を自動計算してくれる

登録した金融機関のデータから、自動で月々の収支を計算してくれます。下の画像のような感じですね(大分デフォルメしてあります)。

スクリーンショット 2016-08-11 12.16.12

収支の数字を選択すると細かい内訳が確認できます。

ただし、手持ちの現金収支は手入力かレシートを撮影して手動で取り込む必要があります。私の場合はなるべく現金を使わないようにしているので、ATMからの引き出した分は「ATM引き出し」として大雑把に計上しています。

ここで説明をしてもよくわからないと思いますので、実際に使って覚えるのが良いでしょう。

登録のための準備

マネーフォワードに登録するためには、銀行やクレジットカード会社WEBサイトの個人ページにログインしなければなりません。

イオン銀行ならば、右端にある「インターネットバンキングにログイン」ですね。

イオン銀行インターネットバンキング

ここに個人ページを作ってログインすればわざわざ通帳に記帳をしなくても残高を見ることができますし、振り込みもできてしまうのです。マネーフォワードではここに自動的にログインして「残高情報」のみを取得しているのですね。

各クレジットカードでもこのような個人ページがありますので、マネーフォワードで支払情報を取得したいものは登録する必要があります。

本当に安全なの?

インターネット通信のセキュリティを過剰に気にする人がいます。

ですがこのアプリに登録する情報は銀行のWEBサイトの登録情報とパスワードです。銀行の振り込みパスワードやクレジットカード番号は登録する必要がありません。

また、アプリの通信は暗号化されて行われます。万が一暗号化された個人情報を盗み取られたとしても解読が困難ですし、労力をかけて解読できたとしても口座の残高閲覧しかできないことになります(振り込みパスワードはわたしたちの手元にしかありませんからね)。

このアプリを使わないでポイントの期限を切らすよりは、きちんと把握して有効に使ったほうが有益です。

スクリーンショット 2016-08-11 10.48.58

まとめ

マネーフォワードは全自動で家計簿をつけてくれるアプリです。

銀行口座やクレジットカードのWEBサイト個別ページ情報を登録しておけば自動で残高や支払情報を取得して現在の総資産を計算してくれます。また、クレジットカードの支払情報は支払いの度に家計簿に記録されるので、2か月後の口座引き落としを気にする必要はありません。

また銀行の振り込み情報を登録するわけではありませんし、通信は暗号化されていますので過剰にセキュリティ・安全性を気にする必要はありません。



読んでいただきありがとうございます。
この記事はお役に立ちましたか?シェアしていただけるとうれしいです。

社会人4年目のゆとり。陸単自家用ライセンス取得のためカナダに分割渡航で操縦練習中。訓練機にあえてC152を選ぶ変態。グライダーの自家用と教育証明を取得済み。


フォローしていただけるとうれしいです。また、記事に関するコメントはTwitterにてお願いします。

follow us in feedly


Facebookページも始めました。フォロー(いいね!)していただければ、役立つ情報をタイムラインへお届けします。