ロンドンのアスター クイーンズウェイ ホステル(Astor Queensway Hostel)に泊まってみたのでレビュー

   

 

2018年2月、イギリスの「アスター クイーンズウェイ ホステル(Astor Queensway Hostel)」に宿泊しました。

ホステルとはいっても1泊の料金は3500円くらいでした。さすがイギリス、高い!

スポンサーリンク

ロケーション

ホステルとロンドン市内の主な観光スポットとの位置関係です。

いずれも徒歩で1~1.5時間程、一番遠いキングスクロス駅でも地下鉄で30分弱です。

街並みはまさにロンドン!だけど夜は少しこわいかも

地下鉄を降りるとそこはロンドンだった...

クイーンズウェイ(Queensway)駅から徒歩4分

目的のホステルは最寄り駅、クイーンズウェイ(Queensway)駅から徒歩4分の位置にあります。下の写真はクイーンズウェイ(Queensway)駅です。

この通りから2本横の通りまで歩きます。

人通りが少ない2本目の路地

先ほどの写真はAの地点からボウリング場の方向を向いていました。

写真は昼間ですが、夜になると人通りが少なくて少し怖かったです。何もありませんでしたけどね。

これが入り口です。同じような玄関がずらりと並んでいたので、Google Mapを見ながらも本当にたどり着けるのか不安でした。

ホコリっぽさもなく、ベッドもキシまない

今回、わたしは快適さを求めて4人部屋を選びました。

写真の通り、よくあるホステルですね。私は右の2段ベッドの上でした。ギシギシ揺れてさぞ寝心地が悪いんだろうな、と思ったのですが、以外にもベットの骨組みがしっかりしていてまったくキシみませんでした。

部屋全体も清潔で、ハウスダストアレルギー持ちのわたしでもマスクなしで過ごすことができました。

枕元には読書灯とUSB充電口付き

これはうれしい設備ですね。コンセントのアダプタを持ってくるのを忘れていたのでスマホの充電は諦めていたのですが、なんと給電口がUSB!

ちなみに写真内の青い上着は知らない人のやつです...

部屋ごとにシャワーがあるが、洗面所との間にカーテンがないのが残念

部屋にバスルームがついているホステルなんて初めて見ました。しかもきれいで清潔。

ですが、洗面所とシャワールームの間にカーテンは欲しかったですね。シャワーを使い終わったらトイレのほうまでびしょびしょでした。

朝食は1ポンドで食べ放題

左端のバケツに1ポンドコインを入れるスタイル。食事代云々ではなくて、どうやらチャリティ用みたいです。

基本はパンとシリアルです。あまり種類は多くないですね。

食べ終わったら自分で食器を洗います。

まとめ

ロケーション抜群、清潔な室内、朝食付きという、ワンランク上のホステルでした。



読んでいただきありがとうございます。
この記事はお役に立ちましたか?シェアしていただけるとうれしいです。

社会人4年目のゆとり。陸単自家用ライセンス取得のためカナダに分割渡航で操縦練習中。訓練機にあえてC152を選ぶ変態。グライダーの自家用と教育証明を取得済み。


フォローしていただけるとうれしいです。また、記事に関するコメントはTwitterにてお願いします。

follow us in feedly


Facebookページも始めました。フォロー(いいね!)していただければ、役立つ情報をタイムラインへお届けします。