【カナダ】バンクーバーのホームレスがリッチ過ぎてワロタwww。治安は良いと言えるのか?

      2016/10/02

 

バンクーバー旅行の際に非常に気になった、「ホームレスの多さ」について記事にしました。現地を旅行の際には知っておく必要があると思います。

バンクーバーはその温暖で過ごしやすい気候から、世界的に見てもホームレスが多い街です。50メートルおきに路上に座り込んでいました。多くの旅行雑誌でもその点を紹介していますが、彼らは麻薬と密接にかかわっていることが多いようです。

スポンサーリンク

お金を要求されるが危害は加えてこない

大半の路上生活者は紙コップを手にしてお金を要求してきます。しかしお金をカンパしても、大半は食料ではなく麻薬の購入に使われてしまうようです。

カンパをするなら、食料を!とのことです。

しかしお金を要求してくるものの、無視をしても何も危害を加えられることはありません。路上で叫んでいる人も多くいますが、特にこちらから絡まなければ大丈夫でしょう。

スポンサーリンク

バンクーバーで出会った路上生活者を紹介

セブンの入口でドアマンをするホームレス

カナダのセブンイレブンは自動ドアではなく、観音開き式が一般的です。そのドアに張り付いて1日中ドアマンをやっているホームレスがいました。

セブンイレブンに入ろうとするとドアを開けてくれて、「どうぞお入りください」のジェスチャー。買うもの買って外に出ようとすると、再び開けてくれます。外にでた瞬間、片手に持ったカップを差し出してきました。

チップをくれということでしょうか。

段ボールの手作り船に乗るホームレス

これは、何がしたいのか一番わかりませんでした。路上に置かれたダンボール製の豪華客船に乗り、手にはお手製の釣竿。釣糸の先には、お馴染みのカップがぶら下がっています。

きっと彼は、最高のエンターテイメントを提供しているつもりなのでしょう。彼を見て少しでも楽しんだ人は、チップを払わなければいけませんよ。

犬を飼うホームレス

ホームレスの人たちには様々な事情があると思います。多くはやむを得ない事情でしょう。しかしバンクーバーには、妙にリッチな方たちがいます。なぜか、彼らの半数は犬を飼っているのです。

ワンちゃんたちはどれも大型で、特に痩せ細っているわけでもありません。通りかかる人に敵意を見せることもなく、おとなしくしています。

大半はワンちゃんですが、一人だけアヒルを飼っているおばさんがいました。

タバコを吸うホームレス

なぜ、家もなくものごいをしている人たちがタバコを吸っているのでしょう。旅行本を見ていると、どうやら恵んでもらったお金でタバコやお酒、さらには違法薬物を購入している人が多いのだとか。

煙草に見えても、実は大麻等の薬物かもしれません。

まとめ

バンクーバーはホームレスが非常に多い街ですが、彼らは危害を加えてくることはありません。通行人に危害を加えて警察に捕まってしまったら、大好きな麻薬が買えませんからね。

繰り返しになりますが、カンパをするなら、食料を!

カナダは大麻に関しては比較的寛容な国です。旅行者であっても、一歩路地に入れば簡単に購入できてしまいます。

以上、ご旅行の際のご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

 



読んでいただきありがとうございます。
この記事はお役に立ちましたか?シェアしていただけるとうれしいです。

社会人4年目のゆとり。陸単自家用ライセンス取得のためカナダに分割渡航で操縦練習中。訓練機にあえてC152を選ぶ変態。グライダーの自家用と教育証明を取得済み。


フォローしていただけるとうれしいです。また、記事に関するコメントはTwitterにてお願いします。

follow us in feedly


Facebookページも始めました。フォロー(いいね!)していただければ、役立つ情報をタイムラインへお届けします。