キャリア

文系と理系どちらが有利?パイロットになりたい人が大学で専攻すべき学部を解説

パイロットになるには文系と理系のどちらが有利になるんだろう。

このように考えている高校生は多いと思います。

私も当時は同じように悩み、結果的に理系(機械系)を選びました。

私の場合は航空会社の採用試験に合格することはできなかったのですが、当時の経験とグライダー教官としてパイロット志望の学生を指導してきた中で合格できる人の傾向がわかってきました。

この記事ではその経験をもとに、パイロットになりたい人が理系と文系のどちらを選べばいいか解説をします。

これを読めば、パイロット志望者は文理選択の迷いをなくすことができます。

文理は関係ない

結論から言うと、パイロットになるのに文系理系で有利不利はありません。

なお、ここではパイロットになる方法の1つである自社養成パイロットに限定して話をしていきます。

詳しく見ていきましょう。

航空会社は文理を指定していない

まず、航空会社は自社養成パイロットの応募資格で文理の指定をしていません。

JALの応募要件を見てみましょう。

日本航空株式会社 公式ホームページより

しっかりと、学部不問と書いてありますよね。これは昔からずっと変わりません。

したがって、どちらを選んでも良いと言うことになります。

しかし皆さんが心配をしているのは、パイロットの訓練で理系の知識を使うのかどうかというところですよね。

理系の論理的な考え方は必須

文系はパイロットの訓練で不利になるのか。

答えは、若干不利になると言うのが私の意見です。

航空力学や航空気象、航空機システムに関する知識など、理系分野で扱う知識を勉強しなくてはなりません。

例えば小型機にはレシプロエンジンが使われています。

レシプロエンジンは空気と燃料の比率を間違えたり急激に出力を絞ったりするとデトネーションや急冷によるダメージが発生します。

このような知識や単語を全く知らなかったり、拒否反応があるほど事前知識がないと当然他の人に比べて不利になるわけです。

一方で、航空法や英語など文系の分野の知識も必要になります。

しかし私も理系(機械系)出身ですが、英語は話せますし、グライダーの操縦教官をしているので航空法には精通しています。

つまり、文系の人ができることは理系の人も大体できるが、逆は難しいことが多い、ということです。

もちろん、学術的なレベルまで勉強するわけではないので、文系だからといって絶望的に不利というわけではありません。

強いて言うなら、理系の方が良いんじゃないの?と言う意見です。

  1. 論理的思考が身に付く
  2. 万が一パイロットになれなかったときのリカバリがしやすい
  3. 英語はわざわざ専門で学ぶものではない

2番については、次の章で解説します。

高校レベルの物理と数学に

理系の知識はどの程度問われるのか、心配している方もいるかもしれません。

結論から言うと、高校レベルの物理と数学が解ければ問題ありません。

大学でわざわざ航空工学などを専攻する必要もないです。

訓練中にわからなくなったら、スマホで調べながら勉強すれば解決してしまうレベルです。

例えば、このような勉強をします。

やりたい事が無いなら情報系がおすすめ

理系の方が若干有利なのはわかったけど、結局大学では何を勉強したほうがいいの?

ほとんどの方はこのように考えているのではないでしょうか。

情報系学部

このサイトでは、情報系学部をおすすめしています。

理由は、万が一パイロットになれなかったときのリカバリがしやすいからです。

理系学部の中でも難易度がそれほど高くなく、卒業後の就職先も首都圏を中心に豊富にあります。

また、情報分野は世界的にトレンドで、働き口は日本だけではなく世界中にあるのです。

万が一日本でパイロットになれなくても、海外で情報系の仕事をパートタイムでやりながら現地のフライトスクールで訓練する、ということができてしまうのです。

いつでもパイロット以外の職で食べていけるという安心感は精神的に非常に重要で、実際にキャリアチェンジに伴うリスクも高くなく非常におすすめです。

機械好きで無ければ、機械系学部はおすすめしない

就職先は製造業が主になります。

筆者は自動車関連の生産技術をしていました。

製造業の多くは地方に工場があり、多くの場合は常駐することになります。

自動車の購入は必須となることが多く、製造業の古い体質から組織的な飲み会も頻繁に開催されることが多いです。

そのような環境を楽しめる人はいいですが、閉鎖的な職場環境になることが多いためパイロットを目指す方にはおすすめできません。

自社養成パイロットの採用試験を既卒枠で受ける場合や、海外自費訓練の際の情報収集などに非常に不利となります。

また要求される個人の技術スキルも難易度が高く、3年勤めたくらいでは転職できるほどの成長は望めず非常に動きづらいです。

自分の興味で決めるのが一番

ここまで各学部のメリットとデメリットをまとめてきましたが、結局は自分が何を勉強したいか、が重要になってきます。

実際に機械系学部出身のパイロットは多いですし、航空機の構造の理解にも繋がります。

情報系学部はプログラミングを中心に学術的な深い知識を勉強していきますし、数学が必要です。それが苦手な方もいるでしょう。

自分が興味のあること、好きなことが1番のパフォーマンスを発揮できるのです。

この記事を参考に、自分なりに考えてみましょう。

まとめ

パイロット志望者は理系を選んだ方が若干有利なことが多くとご紹介してきました。

おすすめ学部は情報系学部で、万が一日本でパイロットになれなかったときのリカバリがしやすかったのでしたね。

しかし、最後は自分が何をしたいか、が重要になってきます。

しっかりと考えて進路を選択しましょう。

  • この記事を書いた人

きゃぶ

書くことと、人の成長を見るのが好きで、ブログの運営をしています。プログラミング、コンテンツマーケ、WEBメディア運営に興味がある雑食動物です。 もともとはパイロットになりたくて、航空留学経験を発信してました。本業はメーカーの通訳です。 これからは、社会人からのキャリアチェンジと海外留学について発信します。

-キャリア