パイロットを目指す日本人のための航空メディア

Pilot's;Gate(パイロッツゲート)

航空の知識

海外航空留学でパイロットを目指す~カナダ・NZ・オーストラリア・アメリカで比較しました~

当ブログの第一弾は海外でのパイロット訓練の費用まとめです。 各国での訓練費用は為替や燃料代、人件費が密接に絡み合って決定されています。今回は各国フライトスクールのHPをもとにその訓練費用をまとめてみたいと思います。 比較したのはICAO(国際民間航空機関)加盟国であり、国際的にも航空ライセンスの信頼度が高いニュージーランド、オーストラリア、アメリカ、カナダの4か国です。 航空留学と言えばアメリカ。しかし、安さでは2016年現在第2位。 航空の発祥と言えばアメリカです。現在では無線通信の標準は英語であり、航 ...

続きを読む

海外生活ハック

カナダ・トロントからナイアガラの滝へ長距離バスのmegabus(メガバス)で行ってきました。

  2016年6月1~9日にバンクーバー→トロントと周遊し、トロントではバスで2時間の距離にあるナイアガラにも行ってきました。 トロントからナイアガラに行くにはmegabus(メガバス・コーチライン)と呼ばれる長距離バスに乗車します。チケットはスマホからネット予約が可能なのですが、私のクレジットカードがなぜか使えなかったので窓口でチケットを購入しました。 megabus(メガバス)で片道1ドル~、1時間30分~2時間 アメリカのバス会社であるmegabus(メガバス)は北米東部で最も有名なバス会 ...

続きを読む

パイロットの就職事情 航空の知識

【航空留学】海外でエアラインパイロットを目指す道。日本の自社養成は珍しい制度です。

  2016年6月、旅行を兼ねてカナダのフライトスクールを視察してきました。 カナダ在住の日本人インストラクターの方に海外、特にカナダの航空事情についてお話を聞かせていただきました。 海外でのパイロットへの一般的な道筋 日本のように企業の自社養成制度や航空大学校のない海外エアラインパイロットは、全員以下のような道をたどります。 ①自家用操縦士技能証明 取得 ↓ ②夜間飛行証明 取得 ※カナダでは事業用操縦士ライセンス(CPL)試験受験に必要なため ↓ ③事業用操縦士技能証明 取得 ↓ ④操縦教育 ...

続きを読む

海外生活ハック

カナダ旅行の事前準備と持ち物まとめ。パスポートと電子渡航認証(eTA)があればとりあえず入国可能です。

  Twitterではブツブツつぶやいていたのですが、6月にカナダへ一人旅をすることになりました。現在(当記事執筆時)は航空券だけを購入している状態です。 10日間の間に「関空→バンクーバー→トロント→羽田→伊丹」と大移動をする計画です。 これから渡航前の準備をしていくので、自身の覚書きのために記録しておきます。 【必須】カナダ渡航に最低限必要な2つの持ち物 パスポート(現地出国予定日+1日以上の残存期間が必要) 電子渡航認証(eTA) この2つがあれば、手ぶらでもとりあえずはカナダに入国できま ...

続きを読む

パイロットの就職事情

海外でパイロットを目指す!カナダのエアライン応募に必要なライセンス取得訓練費用まとめ。

  今回はカナダのエアライン応募に必要なすべてのライセンス取得費用をまとめました。結論から言うと、約535万円必要です。 日本のフライトスクールには朝日航空や本田航空などがありますが、その料金体系は選択するコースごとにきっちりと決まっています。自家用操縦士から計器飛行証明までのすべてのカリキュラムがセットになって約1700万円程です。個人の上達具合によって多少前後はしますが、カリキュラムが組まれているので課程修了までの基本的な料金は変わらないというわけです。 しかし海外では考え方が日本とは全く違 ...

続きを読む

航空機の操縦

【航空留学】カナダのフライトスクール(Canadian Flight Centre Inc.)に突入してきたのでレビュー

  2016年6月1~9日の日程でカナダへ旅行をした際に現地のフライトスクールへ訪問して話を聞いてきたのでレビューします。 英語は苦手でしたが、今回は「とりあえずパンフレットをもらう!」という意気込みで突入してきました。 バウンダリー・ベイ空港(Boundary Bay Airport) 今回訪れたのはバンクーバーダウンタウンから南東へ約20kmの位置にあるバウンダリー・ベイ空港です。 この空港は主にパイロットの訓練に使われている空港で、タワー(管制塔)も設置されています。 ダウンタウンから電車 ...

続きを読む

航空機の操縦

海外でパイロットを目指す!カナダでフライトスクール教官になるまでの費用と航空留学への出発時期の決め方まとめ。

  私はカナダへの航空留学にを考えていますが、やはりその費用がネックとなっています。訓練費用を把握して将来の貯金額を考えないと出発時期も決められません。 今回は航空留学への出発時期を仮決定する方法とフライトスクールの教官として働けるようになるまでの総訓練費用をまとめました。 Victoria Flying Clubで訓練をすることに仮決定! カナダでも温暖な気候であるバンクーバー周辺は航空機の操縦練習をするのにとても適しています。中でも有名なのが以下の4つの空港みたいですね(地図中の青ピン)。 ...

続きを読む

航空の知識

海外で取得した航空機ライセンスのほとんどは日本のライセンスに書き換えることができます。

  海外で取得した飛行機のライセンスを日本でも使えるのか疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。 免許の書き換えをすれば日本でも使用することができます。みなさんは海外旅行の時に国外運転免許証を交付したり、ワーキングホリデーや留学する人は現地の運転免許に書き換えたりしますよね。それと同じ感覚なのですが、飛行機のライセンスの場合は追加で試験を受けなければなりません。 パイロットのライセンスを取得するためには筆記(マーク)式の学科試験と国土交通省航空局の試験官と同乗でフライトを行う実地試験に合格 ...

続きを読む

New Posts

Copyright© Pilot's;Gate(パイロッツゲート) , 2019 All Rights Reserved.